学校教育目標 

 
 学 校 教 育 目 標
 ◇めざす児童像
 ○ 学ぶ力 − 自ら考え 主体的に学習する子(智)
 
 ○ 助け合う力
 − 心優しく親切に だれとでもなかよくする子(情)

 ○ たくましい力明るく元気で粘り強く最後までやりぬく子(意・体)
<学校経営の方針>
  教育の本質は、子どもたちに自立する力と共に生きる心を育てることである。そのためには、教師と子ども、保護者が信頼関係を築き、ともに学びともに育つ学校を創り出すことである。
また、学校・家庭・地域社会との連携・協働を通して子どものよりよい育ちを促す学校でありたいと考える。
 学校の教育目標を達成するために、人間尊重の教育を基本に、これまでの伝統を尊重しながらも新しい時代に即応した校風の創造に努め、様々な体験を通して「生きぬく力」を育むように、全教職員の協働態勢により教育課程の着実な実践に努めていきたいと考える。
(1)  児童一人一人の意欲を引き出し、一人一人の豊かな個性を磨き、創造性と実践力に富んだ児童の育成に努める。
(2) 教師自ら人権感覚を磨き、使命感と教育に関する専門職としての自覚を持って、児童との心のふれあいを深め、生命尊重と人権尊重を基盤とする、学校・学年・学級の経営にあたる。
(3) 道徳的実践の場を計画的に設定し、基本的生活習慣を確立し、正しく行動できる判断力の育成に努める。
(4) 美しく安らぎのある教育環境の整備と、明るく魅力のある教育活動の推進に努める。
(5) 道徳・情操を育むために、教育環境の美化・整備に努める。
(6) 学校・家庭・地域社会と連携・協力し、地域の教育力を生かした教育活動を推進する。 
(7) 学習指導要領の精神をふまえて、その目標、内容等の達成に努め、少人数指導やTT指導等、きめ細かな指導の展開により、基礎学力の向上に努める。 
(8) 生き生きとした遊びや運動を通して一生を支える基礎体力や強い心、やりぬく心、助け合う心を育てることに努める。
◇めざす学校像◇
   ○落ち着いて安心して学べる学校
   ○楽しさと喜びに笑顔あふれる学校
   ○地域から学び地域とともに育つ学校

子どもたちは?

空中廊下のある学校足利市立北郷小学校